相続財産の使い込みと弁護士への相談

  • 相続トラブルを弁護士に依頼するメリット

    • 遺産相続の際には、しばしば泥沼の争いが起きてしまいます。


      こうしたトラブルが起きた時、当人同士がやり取りを続けてしまうとお互いが感情的になり、まるで話が進まなくなりがちです。



      そこでトラブル解決のために第三者の介入が求められるわけですが、相続トラブルなどで調べるとおそらく弁護士だけではなく税理士や司法書士、行政書士の名前も出てくるはずです。



      そうなると一体、どこに依頼をするのが一番いいのかと迷ってしまうことでしょう。

      そこで考えたいのが、それぞれの仕事の内容です。



      まず弁護士は法律の専門家です。



      特に相続に強い弁護士であれば、法に則って交渉を進めながら、依頼主に最も利益をもたらすことが出来ます。


      また話がまとまらず裁判になった場合でも、そのまま継続して依頼主の利益を追求してくれるはずです。



      次に税理士ですが、これは名前が示す通り、税金の専門家です。



      中には相続トラブルに詳しい方もいますが、基本はやはり税金に関したトラブルですので、争っている時にはあまり力になるとはいえないでしょう。


      次に司法書士ですが、司法書士は登記の専門家ですので、依頼主の代行で書類の作成などを行うことは出来ますが、対立時の仲裁などにはやはり不向きといえます。
      行政書士は人によってかなり能力に差があるため、出来ることと出来ないことがはっきりしていないといえます。


      能力の高い人に出会えればいいのですが、そうでない場合は時間と費用を無駄にする可能性が高いといえるでしょう。

      このようなことから考えれば、相続トラブルにおいて依頼をすると最もメリットが高いのは弁護士となるのです。

  • 関連リンク

    • 亡くなった人がこの世に遺した財産を親族などが引き継ぐのが相続とよばれる行為であり、常識的に考えれば、故人からの最後のプレゼントとして、今後の生活の支えとなるべきものを受け取ることができるありがたい制度です。ところが、実際には遺産を引き継ぐことがかえって重荷となってしまうケースも存在します。...

    • 相続問題を上手く解消するには、弁護士の方だけではなく、税金面の知識に長けた税理士の方の助けも必要です。そのため、この問題を上手く解消する為には、それぞれの専門家が常駐している事務所や、両方の専門資格を保有する弁護士の方に相談する必要があります。...