相続財産の使い込みと弁護士への相談

  • 相続のことを弁護士に相談した方が良いケース

    • 家族などの近しい人が亡くなり、その人が財産を持っていたという場合にはその遺族の人が遺産の相続をすることとなります。



      こうした手続きは個人では行うことが出来ないというものでもないのですが、場合によっては弁護士に相談をした方が良いケースと言うのもあるのです。



      では相続に関連することで弁護士に相談をした方が良いケースにはどういったものがあるのかと言うと、まず絶対に相談するべきと言える状況が、相続に関してトラブルが発生しているという場合です。



      例えば遺産分割の協議がまとまらないという状況や、誰が遺産を受け取れるのかわからないという状況になってしまっていると、まずはそうした事態を解決しないことには手続きが進まなくなってしまいます。

      状況によっては故人の遺言書などが無効になり、法律で定められた順番で相続をしなくてはならなくなることもありますから、そうしたトラブルが発生している場合には弁護士に相談をした方が良いでしょう。
      また同様に弁護士に相談するべきケースとなるのが、相続する財産が高額になるケースです。



      数万円程度であればまだ何かの問題があっても解決することはできますが、数百万円や数千万円といったような多額の遺産があるということになってくると、その取り扱いは慎重に行う必要があります。



      取り扱いを間違えると重大な法律問題に発展したり、その解決のために不要な負担をせざるをえなくなることがありますから、問題が発生するよりも先に弁護士に相談することが重要となるのです。



  • 関連リンク

    • 亡くなった人がこの世に遺した財産を親族などが引き継ぐのが相続とよばれる行為であり、常識的に考えれば、故人からの最後のプレゼントとして、今後の生活の支えとなるべきものを受け取ることができるありがたい制度です。ところが、実際には遺産を引き継ぐことがかえって重荷となってしまうケースも存在します。...

    • 遺産相続の際には、しばしば泥沼の争いが起きてしまいます。こうしたトラブルが起きた時、当人同士がやり取りを続けてしまうとお互いが感情的になり、まるで話が進まなくなりがちです。...